読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

君が教えてくれた

松村北斗という極上温泉の住人

君達が好きだと叫びたい!!!!!!

最高に熱い戦いだった東西SHOW合戦公演期間中、いままでにない種類の担降りを経験しました。


まず、SixTONESからSixTONESに担降りしました。
そして、松村北斗くんから松村北斗くんに担降りしました。


何を言ってるか分からないと思うけど、
でもあの場にいたSixTONES担ならこの感覚分かってくれると思う。というか分かるよね!?ね!?
東西SHOW合戦はね…そういう公演でした。


そもそもわたしが北斗くんを担当に据えたのがジャニーズオールスターズアイランドの公演中で、月日にするとまだほんの数ヶ月しか経っていないという事実にまず驚く。
なんかもう体感的に2年くらいSixTONES担やってる気がしてた。降りてから今日までほんと目まぐるしくて、まるでジェットコースターに乗せられてる気分だった。


だってSixTONESの巻き込み力ってすごい。
見てるうちにどんどんSixTONESのペースに乗せられてしまう。遠巻きに見てるなんて許してくれなくて、気づいたら目を離せなくさせられてる。それでずっと見ていたくなる。とんでもなく中毒性が高い。


正直いままでこんなに箱(グループ)に惹きつけられたことってなかった。
これけっこう言われたけどオンリー担だったつもりはなかったし、誰か嫌いなメンバーがいたわけでもなかったけれど、諸手を挙げて自ユニ最高ー!!!!!!天才ー!!!!!!フゥー!!!!!!とは言えてなかったし、思えなかった。こればかりはどうしても好みの問題でもあると思うし、箱推しになることへの個人的なトラウマもあったから、わたしはこのまま箱を推す楽しさを知らないまま一生を終えるんだろうなと諦めてもいた。


ねぇ、そんなわたしをあっさり自然といつの間にか箱推しにさせてくれたSixTONESすごくない??????


北斗くんに降りたときと一緒で、なにか大きなきっかけとか理由があったわけじゃない。気づいたら箱推しになってた。SixTONESにそうさせられてた。


東西SHOW合戦期間中、SixTONES色々ありました。
たくさん悔しかったと思う。それでも腐らず、表にはまったく出さず、言い訳もせず、弱い部分なんか一切見せようとしないで、堂々とステージに立つ、パフォーマンスで自分たちのすべてを伝えようとしてくれるSixTONESの姿はすごく立派で頼もしくて、この人たちのファンでいられることがとても誇らしかった。
千秋楽での挨拶も、ひとりひとりが自分の言葉で、それぞれSixTONESへの熱い気持ちを語ってくれて、特に北斗くんが「胸張って良いグループだと思ってる」と言ってくれたことが本当に嬉しくて涙が止まらなかった。
この子たちについて行けば間違いないと幾度となく思わされた。


東西SHOW合戦で、何度も何度もSixTONESを好きな気持ちを更新できて、北斗くんを好きな気持ちも公演毎に増していった。何度降りても足りないくらいだった。


大我くんが言ってくれたように、SixTONESはパフォーマンスですべてをみせてくれるグループです。
偏見や、悪意のある心ない誰かの言葉に左右されないで、本人たちの魅力をこれでもかと注ぎ込んだパフォーマンスの数々を色眼鏡かけないで純粋に見てあげてほしい。


これはちょっと前にTwitterでも同じこと言ったけど、SixTONESは魅せることに貪欲だなって思う。パフォーマンスのクオリティが高い。味付けも上手。セルフプロデュース能力に長けてる。
めっちゃ褒めるやんと思われたかもしれないけど、これひとつも盛ってない紛れもない事実なので言わせてください。嘘だって思うならいつのでもいいから少クラを再生してSixTONESのパフォーマンスを見てほしい。
いつのでもいいって言ったけど特にオススメなのはBE CRAZY初披露(2015.10)とTHE D-MOTION(2016.6)と太陽のあたる場所(2016.8)です。
ねぇヤバイっしょ!?SixTONESヤバイっしょ!?(©樹くん)


あとこれは予告なんですけど、新曲の「Amazing!!!!!!」、本当に本当に本当に本当に本当に本当にSixTONES最強なので他担の皆さん、横アリもしくは近々少年倶楽部で披露してくれると思うので、休憩時間にしないでぜひ見てほしいです。絶対に損はさせません。どうぞよろしくお願い致します。


ズドン!!!!!!(©ジェシー)(いい締めが見つからなくて拝借しました)(東西千秋楽最後幕が降りるときズドンズドン連発してた北斗くんかわいかった大好き!!!!!!)